2015
12.23

ルーティーン

Category: うさぎさん
お久しぶりの更新です。
ここ数ヶ月の間、職場でいろいろな変化があって
めまぐるしく日々が過ぎています。
いい加減身体がついていけなくなったのか、
この1ヶ月はなんだかずーっと体調がグズグズ。
年末年始のおやすみで、しっかり体調を整えねば。。

そんな飼い主の変調をよそに、
わが家のわんこうさぎは今日もマイペースに毛づくろい中。
時流にのっかって、最近わが家ではこのポーズを、五郎丸のルーティンと呼んでいます。

五郎丸

ま、うちの五郎丸は運動神経悪いんですけどね(笑)
そんな五郎丸選手、最近お気に入りのチモシーと出会いました。


小春が大好きで以前もよく買っていたのだけれど、
一時期品切れになってしまって再販を待っていたチモシーです。

どれくらいお気に入りかというと、足してあげようと袋を開けるやいなや、
好物の乾燥パパイヤ以上の俊足でがっつくほど。
食べっぷりがすごすぎて、500gの袋がなんと1週間でなくなるっていう・・・(苦笑)
年末年始を控えているので、今回は6袋をまとめ買いしました。
1月末までもつかな〜。。(^^;)

さて。
28日(月)にお休みをもらったので、今年の出勤はあと2日!
年末ぎりぎりまで仕事の入っている夫を尻目に、
一足先に実家に帰省する予定です。
この数年で祖母と祖父をたてつづけに亡くしてから、
ふだん離れている分、帰れるときには故郷に帰ろうという思いが強くなりました。

年の瀬、なにかと慌ただしいですが
体調を壊さない程度に気張りましょう〜。



Comment:0  Trackback:0
2015
11.23

ひそかに骨折

Category: うさぎさん
わがやの・・・じゃなくてうさぎさん。

14482074630.jpeg

実は、1ヶ月ほど前に足の指を骨折してしまいました。
私は見ていなかったのですが、近くで見ていた夫曰く
ケージから出る時に後ろ足を入り口の隙間に引っ掛けてしまったみたいで。
そのまま無理やり出てしまったせいで、ポキっと折れたようです。

「プキーーーー!!!」という
聞いたこともないような声をいきなり上げたので
びっくりして見に行くと、後ろ足を変に浮かせて歩いていました。

夏に小春が突然亡くなったこともあったので
一瞬不吉な想像をしてしまったのですが、
翌日病院に連れて行くと、指の骨が2本折れていると。
即命に関わるような場所ではないとのことで、ひと安心でした。
でも痛かっただろうなー。かわいそうに。

折れたのは、左後ろ脚の中指と薬指の骨。
第1〜第2関節の中間部分が折れていました。

骨折は患部を動かさないことが第一なので、
本当はギプスで固定してあげるのがベストらしいのですが、

「多分この子の性格だと、無理にでもギプスを外そうと
 無茶な体勢になって、逆に別の所の骨を折る可能性もあります。
 同じ理由で、エリザベスカラーもきっと無理でしょう。」
 (by.主治医の先生)


だそうで。。
おてんば娘が仇となったねぇ。

幸い、折れていたのが内側の指だったので、
外側の指(人差し指と小指)が添え木代わりになると考えて
特にギプスなどしないまま、服薬のみで治療することになりました。

当然、しばらくはケージから出ることも禁止。
とにかく折れた部分をできるだけ動かさないように。

とはいえ、外に出て走り回れないのは相当ストレスが溜まるようで、
折れた足で足ダンするわ、ケージの中の暴れてあちこちかじりまくるわ、
しまいには、これですよ。

「もういい。」の図。
すねるあくび

人かっ!?ってくらい、露骨にスネてます(苦笑)

ただ、足ダンしたりケージの中を暴れまわるのは足に負担が掛かりそうなので、
せめてもの緩衝案として、床のすのこを足に優しそうなものに変えてみました。


写真だとわかりにくいんですが、今まで使っていたすのこより
目が細かくなっていて、足の裏をしっかり支えてくれます。

新しい床網

これで、足ダンした時の衝撃もだいぶ吸収されそうだし、
爪も引っかかりにくそうです。

主治医の先生の話では、骨折から1ヶ月経ったら
ケージから出して部屋んぽさせても良いとのことでした。
あと1週間でちょうどその1ヶ月になります。
夫は早く出してあげたくてしょうがないみたいだけど、
ここで治りかけの怪我をまたこじらせても嫌だし、
ここは心を鬼にして、あと1週間は引き続き監禁状態継続です。

あくびよ、許せ。
全てはお前のためなのだよ。

本人もわかっているのか、あのおてんば娘が
わりと忠実に「待て」を聞くようになった気がします。

この隙間にひっかけた

よしよし、その調子であと1週間がんばろうね〜。


Comment:2  Trackback:0
2015
10.05

うさぎの楽園

Category: うさぎさん
ちょっと前の事になりますが、私、パラダイスへ行ってまいりました。
そう、うさぎの楽園へ。

大久野島(おおくのじま)という、瀬戸内海にある小さな島。
なんでも、野生のうさぎが大繁殖して暮らしている島だそうで、
うちからだと、なんと日帰りで行けちゃう距離。
これは行くしかないではないか!と、以前から思っていたのです。

えさになる野菜を持って行くとうさぎさんたちが寄ってきてくれるという、
聞いただけで打ち震えるような情報を仕入れたのでいそいそと準備。

私の分と夫の分と、1袋ずつ。
お・・多すぎたかしら。(笑)

大久野島には餌を持っていく

楽園へは、フェリーで渡ります。
本州からだと広島の「忠海」から、四国からだと愛媛の「大三島」からで、
いずれも10分ちょっとで渡れてしまう距離です。

ワクワクしながら港についてびっくり。
ものすごい人だかり・・。
なんだここは?東京か?ニューヨークか?(大げさ)

知らなかったのですが、どうも最近
大久野島のことがいろんなメディアで取り上げられているらしく、
国内ばかりか海外からの観光客にまで人気スポットとして知られているのだとか。
特にこの日はシルバーウィークのど真ん中だったので、家族連れやカップルだらけ。

なんとー。
これじゃ、うさぎじゃなくて人を見に行くようなものじゃないかー。

もともとそんなにたくさんの人が乗ることを想定していなかったであろうフェリーは
立ち見続出、満員御礼の状態で出港しました。
沈まないかしら・・・どきどき・・・
と思っているうちに、あっという間に大久野島 パラダイスへ到着。

島に降り立ったそばから、うさぎを求めてさまよい始める人間たち。
その人間たちが持っている餌を求めて集まってくるうさぎたち。

もう、人間がうさぎを見に来たのだか
うさぎが人間を見に来たのだか分かりません(笑)

それにしても、

大久野島でドアップうさぎ

こんなに寄ってきてくれる!
あなた野生でしょ?警戒心とかないの?ないのね?

あちらにもこちらにもうさぎさん。
3連うさぎも珍しくありません。

大久野島で3連うさぎ

うさぎ好きの人間ばかりが集まる島だから
人から怖い思いをさせられたことがないのか、本当に警戒心がありません。
野菜を差し出すと、なんの躊躇もなく寄ってくる。

大久野島で3トリオうさぎ

もともとは、廃校になった小学校の飼育小屋から離された数羽のうさぎが
持ち前の繁殖力で数を増やしていき、現在に至るのだそう。
野生で管理されているわけではないので、生息数は諸説あるみたいですが(^^;)、
現在は島内に数百羽のウサギさんが暮らしているのだそうです。

この日は気温が高くて日差しも強かったので、
いたるところに伸びうさぎが。

大久野島ででろーん

ただ、野生にしては、いまいち野うさぎっぽくないというか、
こんなに飼いうさぎっぽい子もチラホラ。

大久野島のマーブルうさぎ

どうやら、「うさぎのいる島」として知られ始めた頃から、
自宅で飼うことができなくなったうさぎをこっそり捨てに来る人が現れたらしく・・
(うさぎに対しても島に対しても、ひどいことをする人がいるものです。)
そうやって島に捨てられた元ペットのうさぎと野生うさぎとの混血があらわれて、
この子のように、野うさぎっぽくないうさぎさんが増えてきたのだそうです。
私は見ることはありませんでしたが、島には耳垂れさんも暮らしているのだとか。
意外と生きる力があるのね、飼いうさぎも。

展望台からの眺めもきれいで、1日たっぷり遊べました。

大久野島の展望台

ちなみに、展望台はけっこうスパルタなのぼり坂です。ヒールだとたぶん無理。
そんなこと知らずにちょっと登ってみるつもりで足を踏み入れたが最後、
ひどく汗だくで息切れすることになりました(笑)

実はこの島は、戦時中に化学兵器の開発が秘密裏に行われていた島としても有名で、
島内には当時の資料を展示した「毒ガス資料館」などもあります。
宿泊施設もあって、テニスコートなんかも整備されていたり。
なので、うさぎ以外にも大人が楽しめるスポットがけっこうありました。

それにしてもうさぎ以上に人が多かった大久野島。
人間が持ち込んだ野菜が、うさぎが食べきれないほどにあちこち散乱していました。

餌余った赤ちゃんたち

特に港周辺は、帰り際に残った野菜をばらまいていく人が多いようで、
道路や植え込みの中など、いたるところに人参やキャベツの山が。

自分もたっぷり野菜を持ち込んだクチなので偉そうなことは言えないんですが、
週末のたびにこんなに溢れるほどの野菜が持ち込まれ、
平日になるととたんにエサを持った人間は姿を消し、
うさぎたちの生活リズムはどうなっているのかなーと、ちょっと心配になったりもしました。

人間が持ち込んだエサのおかげでどんどん数が増えたとしても、
ブームが去った頃には食料が少なくなって生きていけなくなるうさぎが増えて・・・
みたいなことになるんじゃなかろうか、とかも思ったり。

人間のエゴってこわいなー。
なんてことを考えながら、帰りのフェリーを待つ行列に並び、
帰路についたのでありました。
(人が多すぎてすぐには乗れず、2時間弱待って最終便にのりました・・・。)

島の一日が終わるのは早く、最終便は夕日よりも早く出ます。

大久野島の夕日

次は、ブームが落ち着いた頃にふらりと手ぶらで行ってみようかな。
いずれにしても、また行ってみたいと思わせてくれる島でした。


Comment:2  Trackback:0
2015
09.13

フローリングが苦手

Category: うさぎさん
うちのあくびさん、1歳9ヶ月。
うさぎには珍しく、フローリングに全く物怖じせず、
リビング中を爆走するのが趣味のような子だったんですが、
ここ1ヶ月ほどで急にフローリングを嫌がるようになりました。

まぁ、ただフローリングを怖がらないってだけで、
全力で走っては、滑ってよく壁にぶつかっていたので
「危ないなー、体重も重くなったし何か対策しなきゃなー。」
と思っていたのです。

ただ、よく子供用のプレイマットをペット用にも敷いているのを見かけますが、
小春含めうちのうさぎたちの場合、間違いなく爪でほじって食べちゃうので
避けていたんですよね。

そんな折、よさげなものを見つけたので買ってみました。



吸着タイプで滑らないっていうのがいいし、色も選べる。
(うちはグレーとホワイトの組み合わせにしました。)
厚みが薄いので、ほじって食べる心配もなし。
何より9枚で1,000円って安い!
せっかくだから走り回れる広さにすべく、3セット(27枚)注文。

で、さっそく夫と2人でせっせと敷いてみると・・・・


めっちゃ楽しそう!!(笑)
マットたのしーーーーー!!


いっさい臆すること無く、全力で跳ねまわってます。
さすがうさぎ。

ウラはこんな感じで吸着面になっています。
床材を傷めない程度の程よい粘着力です。
(「え?剥がすの?なんで?やめてよ。」って言いに来るあくびさん。笑)
マット剥がしちゃうの?

何度か剥がして貼り直したりしましたが、
吸着力が落ちることもなく、いい感じです。
汚れたところだけ取り外して洗えるのもまた良い感じ。

小春用には、似たような素材のこちら↓を使っていました。


60cm*180cmの、キッチンマットみたいなマット。
これも、裏面が吸着面になっています。
部屋んぽするときだけ敷いてあげていました。
(あくびのはつど敷くのが大変なので敷きっぱなし。万年床。)
直線をダダダーッと走るのが好きな子だったので、小春にはこっちが向いていたみたい。

なんかこうやって見比べると、あくびの方が広々と遊ぶスペースを与えられてるなぁ。
小春がいなくなってから、飼い主からの愛情を独り占めできるようなったあくびさん。
着々と、わがまま娘への道を歩んでいるような気がしてなりません。
ここらでちょっと、気を引き締めないといけませんね。



Comment:0  Trackback:0
2015
09.08

1ヶ月

Category: うさぎさん
昨日で、小春が亡くなってちょうど1ヶ月がたちました。
この1ヶ月、めまぐるしく色々なことがあったので
まだたった1ヶ月しか経っていないのかと、ちょっと不思議な感じがします。

小春のお手

忙しかったのもあるけれど、小春のケージをまだ片付けることができず
あくびのケージの隣に置いたままにしてしまっています。

それを、ひたすら見つめるあくびさん。
(ケージ掃除の途中なので散らかってますね・・・・恥)

小春を見つめるあくび
※右があくびケージ、左のバリケードされてる方が小春ケージ。

自分のケージに帰ってからも、ひたすら見る。
じいぃぃぃーーーーーー。(笑)

ひたすら小春をみるあくび

あれー、おかしいなー。何もいないなー。
とか思ってるんでしょうかね。
小春も、こんなに恋しがってもらえたら本望でしょう。(苦笑)

でも、そろそろちゃんと小春のケージも片付けないと。
いつまでも出しっぱなしというわけにもいかないし。
写真をたくさん飾って、あくびが淋しがらないようにしてあげようと思います。


さて、今日はいよいよ新しい病院の初診日。
午後に予約を入れているのですが、今からドキドキです。
楽しみではあるものの、
またイチから検査しなきゃいけないのかな~。。
あの恐怖の卵管造影検査もやらなきゃいけないのかな~。。。(涙)
と、少し恐怖を覚えていたりもします。

「おう、ビビってないで行ってこいよ!」と小春も言っていますし
まずは気楽に、行ってくることにします。

小春 おやつをよこせ

がんばれ自分!!



Comment:2  Trackback:0
back-to-top