2017
12.22

牛歩でハンドメイド

Category: 手づくり
あっという間に、もうイブイブイブですね。(そんなん言う?)

先日買い込んで下準備した生地
ちょこちょこチビりこグッズを手作りし始めています。

とはいえ。

前回の記事に書いたように、
どうやら手根管症候群なるものになってしまったっぽく、
細かい作業がどうもツラい私です。
てか、ずっと「手根」じゃなくて「毛根(もうこん)」だと勘違いしてました。
なんだそれ(笑)
先日の記事をこっそり直したのは秘密です。

さて。ミシンを持っておらず、
手縫いのチクチクチクチクという地味な作業が大好きなので
すべて手縫いで作るつもりで生地を買い込んだのですが、
思っていたペースの何倍も時間がかかっています。

今はまだかろうじて針を持てているけど、
これからもっとひどくなって何もできなくなったらどうしよう…
と、戦々恐々。

ま、その時はその時考えればいっか。

ということで、今のところ作ったものたち。
まずはよだれかけ。

はじめてのスタイづくり

カピバラさんが温泉につかってるの。
可愛いでしょ?
すっとぼけたブルドッグもなんだかツボ。

カピバラスタイとブルドッグスタイ

今はよだれかけとは呼ばず、スタイっていうらしいです。
もっと先を行く人々は、「ビブ」と呼ぶらしいです。

「とっくりじゃないよ、タートルネックだよ」

みたいなもんですね。
10年後くらいには、

「スタイじゃないよ、ビブだよ(笑)」

みたいになってるんでしょうか。
いいじゃん。「よだれかけ」で。
笑うなんて失礼よ。(勝手に(笑)つけたのは私。)

あと、おくるみ。

はじめてのおくるみづくり

これも、今は「アフガン」と呼ぶらしいです。

もうね、そろそろ出産準備を始めないとと思って
いろんなところでもらった「揃えるものリスト」を眺めているのですが、
単語がとにかく分からない。
何あれ?
赤ちゃんに着せる服一つでも、
ロンパースとかツーウェイオールとかグレコとかカバーオールとか・・
おばちゃん、横文字の猛攻に目が点ですわ。
若い人たちは苦労せずに理解できるもんなの?これ。
私、いまだにベビーカーですら「乳母車」って言っちゃいそうになるんだけど。
え?一応まだ30代前半ですけど何か?

今のところ、アカチャンホンポの店頭でもらった
小さい冊子が一番わかりやすかったです。
↓こんな感じで、絵付きで解説してくれているので
分からないなりにも何となく想像しやすい。

出産準備リストの中身

先日、ペンを片手に握りしめながらお店をうろついていたので
クシャクシャ。汚っい走り書きもお見捨ておきを(^^;)

赤ちゃん本舗のサイトにも掲載されていました。
以下リンクです。(別タブで開きます)↓

<アカチャンホンポの出産準備リスト>

で、ハンドメイドのほうに話を戻すと。
とりあえずは切って縫って裏返してまた縫うだけ、の
簡単なものから作り始めて、今は肌着に取り掛かってみました。
が、さすがに服になると立体的に布を縫い合わせたり
パイピングをしたりとけっこう指先を使うので、本当に作業が進まない。

というか、ちゃんとした服を作るのなんて初めてなので
そもそも作業が超絶おそい。
服作りどころか、型紙だって初めて使ったよ(苦笑)
カバンとかポーチは作ったことあるけど、すべて自己流だったし。

無理をしすぎてしびれが進行しても嫌なので、
「できなかったら買えばいいや~」くらいの気持ちで
ボチボチ楽しくやろうと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コットンこばやし*ダブルガーゼ*カピバラ(単位50cm)
価格:486円(税込、送料別) (2017/12/22時点)







Comment:2  Trackback:0
2017
12.20

季節錯誤の紅白リース

Category: 手づくり
昨日、テレビで天気予報を見ていたら、
クリスマスイブの夜のお天気予測をしていました。

「えー、テレビはまた気が早いなぁ。」

と思ってふとカレンダーに目をやると、時はすでに12月下旬。
イブ、めっちゃ週間天気予報の範疇やないか~い!

世間の気が早いんじゃなくて、私の気が遅すぎるだけでした。

スーパーとか薬局とか近場にしか出歩かないので
あんまり季節感を感じるチャンスがないんですよね。
しかし言われてみれば(誰に?)
アラサー最後の年が暮れゆこうとしているわけです。
ちょっとくらいクリスマスっぽいことをしておこうかと、
それっぽいものを探しに出かけてきました。100均へ。

とはいえ、私、置物苦手なんです。
掃除がめんどくさくなるので。(どんだけズボラ)

ということで、吊り下げておくだけのリースを飾ることにしました。

リース2017作ります

すごいですよね~。
松ぼっくり12個も使ったリースが
100円で買えるんですよ?
作りもけっこうしっかりしてるし。

ダイソーで買ってきたものまんまだと
たいして季節感を感じずに終わってしまいそうなので、
こういうのはあんまりセンスがないのですが
ちょっとだけ自分でカスタマイズすることに。
飾りつけ用に、赤と白の実を買ってみました。

赤い実のほうは、じつは・・

赤い実は南天

南天。
お正月のお飾りコーナーにありました。(笑)
いいのいいのー。それっぽくつけちゃえば絶対わかんないって。

赤い実にも白い実にも針金がついていたので
適当にネジネジとまきつけて・・・

でき上がったのがこちら。

リース2017壁掛け


う・・・・っ、針金がまるみえ・・・・。
(もはやこの際、飾りつけのセンスは置いといて。)

言い訳すると、手のしびれがますますひどくなっていて
細かい作業が全然できないのです。
とくに右手の人差し指・中指・薬指がひどくて
ペンやお箸がまともに握れません。

先生には軽くあしらわれちゃうのでググってみると、
どうも「手根管症候群」というものになってしまったようです。
出産後、徐々に治るケースが多いらしいので
とにかくあと4か月、耐えるしかないです。
がんばれー。私。


ということで、粗々のリースが完成したわけですが、

リース2017遠目に見れば・・・

ほらっ。
遠目に見れば、なんとなくそれっぽく見える!気がする!

私がいつまでも季節錯誤していたせいで
せっかく作ったのにあと5日しか飾れないけれど、
毎日お買い物に出かけるたびに
これを眺めてクリスマス気分を上げたいと思います。

というか、もうすぐクリスマスっていうことは
もうすぐお正月なんですよね。(当たり前)
今年は大事をとってどちらの実家にも帰省せずに
自宅で年越しをすることにしたので、
塩分控えめのおせち料理でも作ってみようかな、と思います。

そうだ!ついに コレ の出番かも♪

きっと、夫と二人きりで過ごせる長い休みは
しばらくやってこないと思うので、ゆったりゴロゴロと
夫婦の冬休みを楽しみたいと思います。



Comment:0  Trackback:0
2017
12.03

今年の梅干し、ようやく完成。

Category: 手づくり
7月に1日だけ干したっきり、放置状態になってしまった梅

ずーっと気にかかっていたのですが、
退院後、絶対安静が解除されてからも
しばらくの間はなんとなく手を付けられずにいました。

大きなザルを引っ張り出して並べ、梅をひっくり返すために
こまめにベランダを行ったり来たりして・・と、
大した動作じゃないんですが、なんとなく無理がかかりそうで
怖いような気がしてしまって。

が、先生からもおおむね順調だと言ってもらえて
だいぶあれこれ活動するようになってきた今日この頃。
ある朝ふと目覚めると、快晴。梅日和~!!

これからはどんどんお腹が大きくなって動きにくくなるし、
産まれてしばらくは梅をかまっている暇なんてないかもしれないし。
そうこうしているうちにカビなんてきちゃったら大変。
今がよい腰の上げ時ではないかと、遅まきながら
土用干しの仕上げをすることにしました。

7月の最初の土用干しの時には色づきが悪くて
赤紫蘇でミルフィーユサンドした状態のまま放置していた梅さん。

梅干し2017ラスト3

外から見ると、いい感じに色づいている気がします。
ドキドキしながら赤しそをどけてみると…

梅干し2017ラスト1

いい具合に紅く染まっていました!
バンザーイ。

ということで、さっそくザルに並べる。
いそいそ。

梅干し2017ラスト2

冬になり太陽の角度が変わったことで
陽がしっかりとベランダに入るようになったのはいいのですが、
斜めから差し込むので、ザルの低いフチですら大きな影になり、
梅たちもお互いに影を作ってしまいます。

うーむ。そのへん、仲良くやってくれ。

何はともあれ、久しぶりの日光浴で気持ちよさそうです。

梅干し2017ラスト6

きれい。

夏に比べるとだいぶお陽さまの勢いが弱く風も冷たいので
朝から夕方まで干してもあまりホカホカにはなりませんでした。
でも質感の変化を見る限り、おそらくしっかり干せたと思います。

2日間しっかりと干し、ようやく完成。

梅干し2017ラスト4

いい具合にしんなりシワシワになりました。
おばあちゃんの手の甲みたいだね~。
上出来上出来♪

梅干しづくりをはじめた最初の数年は
大きくて立派な南高梅を使っていましたが、
あまり大きいと一度で食べきるには塩分が高いし
お弁当に入れることなども考えて、わが家では数年前から
これくらいの”大きめの小梅”を使うようになりました。
3Lとか2Lとかのサイズ表示で売られています。お弁当にちょうどいい。

梅干し2017ラスト5

容器に入れながら数えてみると、ちょうど100個くらいありました。
セラーメイトの1Lの瓶にぴったり。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CeLLarMate(セラーメイト)取手付...
価格:842円(税込、送料別) (2017/12/3時点)



まだ去年の梅がちょこっと残っているので、
このまましばらく寝かせておくことになりそうです。
寝かせたらもっとおいしくなる気がする。知らんけど。

食べ始めるのは、たぶん来年の今頃かな。
ゆっくり食べていけば、チビりこさんも一緒に食べられるかもしれません。
たのしみです(^^)



Comment:2  Trackback:0
2017
10.08

盛岡冷麺と、今年の栗

Category: 手づくり
しばらく更新が空いてしまいましたが、世の中すっかり秋ですね。

10週目の終わりに初めてつわりで嘔吐し、
「やったー!やっと吐けてスッキリした!」と思ったのもつかの間。
それがきっかけだったかのように、怒涛の吐きづわりが始まりました。
完全にトイレとお友達状態…。

食べてもどうせ吐くけど、食べずに吐くものがない方がもっとつらい。
でも、嗅覚も味覚もひねくれてしまっていて、
何を食べてもおいしくない。食べたくない。

そんな中、数少ない「食べたい」と思えるものが、これです。

盛岡冷麺

盛岡冷麺。
冷たくて酸味があってさっぱりしているし、
何よりこのコシのあるこんにゃくみたいな麺が大好き。
たくさん買いだめして、毎日のように食べています。

そんな食事を続けていることもありーの、
8月中旬の入院以降ほとんど外を出歩いていないこともありーので、
私の中ではまだまだ季節は真夏です。


でも気づけば10月!
なんと、今年の栗の季節が終わってしまいましたー(T_T)
私の住む地域は、9月のシルバーウィークから1週間くらいが
栗のベストシーズンです。
いい栗を手に入れようと思ったらタイミングが勝負。

毎年その時期は、近くの産直市場やスーパーをめぐって
栗を物色するのですが、今年はもちろんそんなことはできず。。
私がトイレと仲良くしている間に、今年の栗は去って行ってしまいました。
泣く泣く、今年の渋皮煮はお預けです(TロT)

せめて、昔の栗の写真を見て自分を慰める。ぐすん。

渋皮煮2015

このときは、たしか渋皮煮を丸ごと包んだ
栗あんパンも作ったんですよね。
美味しかったなぁ~。

栗あんパン

思えば、もう2か月パン作りもしていません。

というのも、切迫流産で初めての出血をした日、
ちょうど食パンを作っていたんです。

受精卵を移植した日から、激しい動きをするのが怖くて
しばらくパン作りを控えていたのですが、
(※お医者さんに言われたわけじゃないです。なんとなくです。)
陽性も出たし、胎嚢も確認できたし、
一から手ごねするわけでもないんだし大丈夫じゃない?
と、パン作りを解禁したその日に出血してしまったんです。

生地を捏ね、成形し、発酵も終わってオーブンにパンを入れた直後に
出血が始まってしまったのでした。
焼きあがるまでの30分の間に、
病院に電話して、その電話で入院指示をもらって、
数日分の入院セットを用意して‥という準備をしたのでした(^^;)

今になって思えば、たんなる偶然だったと思います。
テーブルにお腹を打ち付けたわけでもないし、
体重が無茶苦茶かかるような体勢をしたわけでもない。
たまたま、パンを作った時と出血のタイミングが
重なってしまっただけなのだと思います。

・・が、なんというか。自分の中でのジンクスというか。
そういう嫌な感覚が出来上がってしまったんですよね。

ということで、まだしばらくはパン作りはおあずけになりそうです。

※※※
あくまでも、上記は私が勝手に思い込んでいることです。
お医者さんに「パン作りはやめておけ」といわれたわけでも
「パン作りが原因で出血した」と言われたわけでもありません。
パン作りが切迫流産につながるという根拠も理由も何もありません。
ただの私の中の、一種の「願かけ」です。



来年は、また栗あんパンが作れるといいな~♪



Comment:2  Trackback:0
2017
07.16

梅の土用干し2017

Category: 手づくり
3連休ですね~。
わが家は特段どこかへ出かけるでもなく、
いつもの休日よろしく、ダラダラと過ごしております。

連休初日の昨日。
お昼過ぎにふと外を見ると、ド晴天。

暑そうだわ~。
こういう日は、ナントカ日和っていうのよね。
そうそう、ナントカ日和・・・・

梅干し日和だわ!!!

気づけば、もうすぐ土用の丑の日。
もうすっかり、土用干しのシーズンではないですか!

ということで、さっそく梅を干しました。

・・・・が。
私、すっかり忘れていました。

夏至からまだあまり日数のたっていないこの時期、
わが家のベランダにはあまり日光が差し込まないのです。

で、こうなる。

ベランダの梅2017

マンションの構造上、もっとも日が差し込んでくる正午頃でこの状態。
この後、日光がさす面積はどんどん小さくなっていくばかりです。

あぁ、なんてこと。
3年前に、私は自分に教訓を残していたのに・・・。
⇒「マンションでの土用干しは、南中高度を意識せよ。」

たしかこの年も、良いお天気の空を見て突然思い立ち、
勢いであわてて梅を干したのだった気がします。

成長、見られず。
教訓、生きず。

しかし、干してしまったものはしょうがないので、
2~3時間しか干せないだろうとは思いつつ、このまま干すことにしました。

土用干し2017

しばらくするとホカホカしてきて、気持ちよさそうです。
いいねぇ~。
これを眺めている時がすっごく幸せ。

2時間ほどすると、果肉がほんのり透き通ってきて
梅自体がシンナリ柔らかく、よい具合になってきました。

何年も前にどこかのサイトで、土用干しした梅の感触は
「おばあちゃんの手の甲みたい」と書いてあったのを見たことがありますが、
なんとうまい表現だろうと、いまだに覚えています。

色が染まってない梅2017

しかし例年のことながら、染まり具合にムラがあります。

赤紫蘇に近かった部分はしっかり染まっているけれど、
ビンの底の方の赤紫蘇から遠かった梅たちはいまいち染まりが悪い。

だいたい毎年、3日間梅酢に戻しながら干しているうちに
なんとなく均一に色づいてくるのですが、
ここで3年前に赤紫蘇で染めた梅をご覧ください。

2014の退色した梅

茶色。

赤紫蘇の名残、いずこ?
光の当たらないキッチンの棚の中で保存していたにもかかわらず、
すっかり退色してしまっています。

わが家では、漬けた梅を2~3年かけて食べきるので
今年の梅も数年間保存することになると思われます。
せっかく漬けたのに、こんなに茶色くなってしまうのは悲しい!

ということで、悪あがきかもしれないけれど
今年はしっかり染まるように頑張ってみることにしました。

干した梅を、赤紫蘇とミルフィーユ状態になるようにして、梅酢に戻す。

梅ミルフィーユ2017

1日干しただけでも、だいぶ梅酢の量が減ってしまいました。
上の方は、ぎりぎり漬かっている状態。

本当は3日続けて干したいところだけど、
しばらくはベランダに日が差し込む時間も短いことだし、
このままさらに1か月ほど置いて、しっかり着色させることにします。
1か月もたてば、ベランダに日光が差し込む時間も
今よりはだいぶ長くなっていることでしょう。

なんなら、9月か10月頃まで待ってみようかな。
梅しごとは、まだまだつづく~。



Comment:2  Trackback:0
back-to-top