2016
07.28

またつまらぬものを・・・

先日のこと。

食器用洗剤が切れそうだから買わなきゃな~と思って、
スーパーの洗剤売り場をのぞいた私。
「リサラーソンマグネットのおまけ付き」
なる洗剤を見つけてしまいました。

何だか最近、無条件にリサラーソンに心が動いてしまうんです。
今さら?え、今さら?

いやっ!今さらだろうとなんだろうと、とにかく可愛い。ほしい!

でも、オマケがついているのは詰め替え用の大容量ボトル。
衛生面を考えて、洗剤の詰め替えはあまりしないようにしているのですが、
うぅ・・・リサが私を呼んでいる・・・・。(呼んでない。)

りこA「いる?ほんとにいる?ほんとにいるんか?いらんやろ?」
りこB「でも洗剤やし。どうせいつかは使うもんを今まとめて買うだけやし。」

その場に立ち尽くして何度も問いかけました。

リサラーソンマグネット

おかーさん、私は弱い人間です。

もしかしたら(もしかしなくても)お気づきかもしれませんが、
はい、3つあります。
オマケは全15種あるのですが、選びきれずに3つも買っちゃいました。
あーばかー。詰め替えボトル3本って、ばかっ!

でも、かわいい・・・・♪(救いようがない)


ということで、こういうことになりました。

洗剤買いすぎ

しかもしかも、今写真を貼ってみて気づいたんですが。
無香料タイプだと思って買ったこれ。無香料じゃない!
「シトラスグリーンの香り」らしい。。。

うわー、やっちゃったー。
ニオイ付きの洗剤や石けん類、ほんとに苦手なんです。
うわーーん。

でも買っちゃったものは買っちゃったものですからね。
ちゃんと使わないと。

そうそう、夫にあきれられたことは言うまでもありません。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

CHARMY Magica(チャーミー マジカ) 除菌+ つめかえ用 570m
価格:302円(税込、送料別) (2016/7/28時点)


Magica(マジカ)、汚れ落ちは良いようなので、大事に使います。


Comment:0  Trackback:0
2016
05.19

気分一新。ガラスポット。

後厄も残すところあと半年ほどとなりましたが、
最近、とんとついていません。

後厄の厄は自分に降りかかってくるっていうからね~、
と職場の同僚に言われましたが(本当に?)、
おっしゃるとおり・・・といわんばかりです。

そんなツイていない流れから、
先日、ガラスの麦茶ポットを割ってしまいました。
よそ見をしながら動かしたものだから、注ぎ口のところを
ガツンと棚にぶつけてしまい、バリン。。

なんだこのついてなさはー!!
ということで、気分を変えるためにちょっと奮発して、
これは!という麦茶ボトルを新調しました。

むぎ茶ボトル

耐熱ガラスの麦茶ボトル。
じゃなくて、ウォータージャグ。名前もおしゃれ。
ルイボスティって、こうして見るとけっこう赤いですね。

耐熱ガラスだから沸かしたてのお茶をそのまま入れられるし、
シンプルな作りなので茶渋に悩まされる度合いも減りそう。
お手入れも楽そうです。
プラスチックの部分があると、どうしても汚れが目立ち始めるんですよね。

ボトル蓋

フタもガラス製で、注ぎ口が大きく空いたパッキンをはめ込む

蓋

と、こうなります。
天地の向きを正しくパッキンをつければ、
しっかりはまって、注ぐときにも不安定さはありません。

なにより見た目がすてきだし、
ちょっと高かったけど、いい買い物ができました。
これで、厄もすこし吹き飛んだかな!(かな?)


そうそう、素敵なガラスポットが届くと同時に、
義弟夫婦の第二子懐妊の吉報も届きました。

わー、めでたいー!
えー、年子じゃん?うらやましー!
あー、その妊娠体質、私もほしー。
もー、なんでうちはまだなん?

と、色々なネズミ色の感情が渦巻きましたが、
全てを飲み込んで(ここで吐いたけど。)進むべし、です。

前回のリセットから新しい周期を迎え、
昨日からクロミッド服用開始です。

今期こそ!
気分一新で進むのだ!おー。





Comment:2  Trackback:0
2016
04.29

棚ぼたでかまわぬ

昨日、日帰りで東京に行ってきました。

前日になって唐突に決まった出張で、
なんでパートの私が、しかもゴールデンウィークの前日に
突然東京に行かされなきゃならんのだ!
案の定、飛行機は全便キャンセル待ちだし。
このまま便が確保できなかったら、1泊しなきゃいけないかもしれないし!

と、最初は内心ちょっと憤慨していたのですが、そこであることに気付く。

東京ってことは・・・・「かまわぬ」に行けるじゃないか!

説明しよう。
「かまわぬ」とは、関東地域にお店を展開している、
手ぬぐいやさんのことであります。
基本的にオンライン販売をしておらず、
(楽天とかでは見かけるけど、お店としてはやっていない模様。)
店舗に行くか、カタログを買ってオーダーするしかないので、
ずっと憧れでしかなかったお店です。

30代になってからは友人の結婚式などに呼ばれる機会も減り、
東京に行くことそのものがなくなってきた私。
これって、すごいラッキーなんじゃない?まさに棚ぼた。

ということで、がぜんやる気になったという次第。

とはいえ仕事で行くわけですから、空き時間があれば、の話。
悶々悶々としながら飛行機のキャンセル待ちをしていたら・・・・
来ました。チケット確保の連絡が。
なんと、とれたフライトは最終便ー!!

キている。私、キています。
仕事が終わるのは15時過ぎ。
混雑を見越して早めに羽田に向かうとしても、2〜3時間は自由時間。
うわーーーい!


ということで、行ってまいりました。
どうせ行くなら本店に、ということで代官山へ。

雨の中、迷子になりつつも行った甲斐がありました。
さすがにお店の中の写真は撮れなかったですが(^^;)、
素敵なお店でしたー♪

そして、また買ってしまった私。
この間はぎれセットを買ったばっかりなのに!

かまわぬ手ぬぐい

左から、「枡小紋」「水芭蕉」「ばら」。

どうせタオルハンカチから手ぬぐいに切り替えるタイミングだったし、
無駄遣いではない。これは必要な買い物なのだ。うんうん。

一番右の薔薇は、私の趣味とはちょっと違うはずなのに
なぜか惹かれてどうしても気になってしまい、迷った挙句に買ってしまいました。
すべて半分に切ってハンカチにする予定。
切るのがもったいない気がしますが、やっぱり半分サイズの方が
ハンカチとしては何かと使い勝手が良い。手を拭いた時の乾きも早いし。

まずは水晒ししなくては〜。うふふふふ。

ほかにもたくさん素敵な柄があって
あれもこれも欲しかったのだけれど、さすがに贅沢すぎるとガマン。
かわりに、母の日のプレゼントとして両実家の母に
3枚ずつ(+ガーゼハンカチ)を贈りました。
ちょうど、今週末あたりに用意しなきゃと思っていたので。

自分のものにはならないけど、憧れだったお店で
気に入った柄の手ぬぐいを選んで買うというだけでなんだかとても満足。
母世代の人にとって手ぬぐいがありがたい贈り物になりうるのかどうかは
ちょっと疑問で不安なのですが・・喜んでくれるといいな〜。
それぞれの母の好みや生活スタイルを考えながら柄を選ぶのも
また楽しい時間でした。
結局、そう広くないお店に1時間くらい長居してしまった。


かまわぬ

ちなみに、かまわぬはこのように書きます。
「鎌」+「わ(輪)」+「ぬ」で、「かまわぬ」。

歌舞伎の市川海老蔵さんが、よくこの柄の浴衣を着ているのを見ます。
どうも、「かまわぬ」の柄は江戸時代の成田屋の役者さんに由来するのだとか。

長い時を経てもなお愛される手ぬぐい。
ますます好きになりそうです。
私の手ぬぐいフリーク生活はつづく。

東京に住んでいる頃に手ぬぐいを好きになっていれば、
足しげくお店に通ったのになぁ。
出会いって、なかなかタイミングよく訪れないものです。



Comment:2  Trackback:0
2016
04.22

手ぬぐいハンカチ

今回の震災で、「身近なものを工夫して生活に取り入れる知恵」
みたいなものが、またあちこちで紹介されるようになったのを目にします。

昔は、あれも欲しいこれもほしいで、
便利な家電や雑貨があるとなんでも欲しくなったりしていましたが、
日頃から持ち物はシンプルに、あるもので生活するようにしていると
かえって暮らしやすくなると感じるようになってきました。

そんな暮らしの中で、これは良い!と思った最たるものが、手ぬぐいです。
キッチンの手拭き用に1年ほど愛用していますが、
緊急時には包帯やカバン代わりや日除けなど、色々な使い方ができます。
その便利さと応用範囲の広さにすっかりお気に入りになってしまい、
今では防災リュックにも1枚入れておくようになりました。

さて。
そんなこんなですっかり手ぬぐいファンになってしまった私。
4月になり、職場の環境があれこれと変わりました。
今の職場で働き始めてからは一番大きな変化の年になり、
毎日バタバタバタバタな日々を送っています。

そんな毎日にちょっと癒やし(現実逃避)を・・・と思い、
ずーっと前から気になっていた「あひろ屋」さん
手ぬぐいはぎれセット(10枚)を購入しました。
手ぬぐいとして商品にするには少し難ありのものを
半分サイズにカットした、いわゆるアウトレット品です。
1枚あたり250円ちょっとと、とってもお手頃。

はぎれセット

迂闊なことに、写真を撮り忘れた・・・ので、これはごく一部です。
すでに1~2回洗っているので、新品の時のハリはなくなっています。
あひろ屋さんのwebサイトで、ぜひ見てみてください。
(「オンラインショップ」から見られます。)

大人気ですぐ売り切れるのでいつも買うチャンスを逃してきましたが
ようやく手にすることができました。
どこが難ありなのかわからないほど、どれもきれい。
思い切って買ってよかった~。

ふきん、お弁当包み、おてふき、キッチンかごの目隠し・・・などなど
何に使おうかなぁとあれこれ考えたのですが、
ふと、ハンカチにしてみようと思い立ちました。

アイロンがけがめんどくさくて、
結婚してからはもっぱらタオルハンカチを愛用しています。
・・・が、厚みがあってかさばるし
「やっぱりハンカチがいいな~」と思っていたところだったのです。

手ぬぐいならアイロン無しでいける!
しかも吸水性も速乾性も抜群だから、使い勝手が悪いわけないはず!
と思ってさっそく使ってみたところ・・・・、すごくいいです。

手ぬぐいは端っこが「あえて」切りっぱなしになっているので、
どうしても最初のうちは糸がほつれて出てきてしまいます。
(使い込んでいくとほつれも落ち着いて味のあるフリンジ状になります。)
でも、端っこを内側に隠すようにして折り込めば、
ちょうどハンカチサイズになって良い感じ。

~手ぬぐいハンカチの折り方~

まず、中心のラインに向かって上下を折ります。
この時に中心ライン部分に来ているのが、切りっぱなしの部分。
※繰り返しますが、通常の手ぬぐいの半分サイズにカットしてあります。
はぎれハンカチ折り方1

さらにそれを真ん中で折って半分に。
これで切りっぱなし部分がきれいに隠れます。
はぎれハンカチ折り方2

左右から3分の1サイズになるようにパタンパタンと折ると、
はぎれハンカチ折り方3

ハンカチ!以上。
はぎれハンカチ折ったとこ

これなら、糸くずが出てきて恥ずかしい~なんてこともありません。
ほつれが落ち着いたら、折り方を変えていろんな柄の出方を楽しめます。

アイロンをかけなくても手でシワを伸ばしながらたためば
全然気にならないし、風合いがあってまた素敵な感じです。

手ぬぐいハンカチ、すっかり気に入りました!

絞って干しておけば室内でも数時間で完全に乾くので、
2~3日の旅行なら1枚あれば十分使いまわせます。
手ぬぐいって本当に便利。惚れなおしたわ~。
先日、出張に行った夫に持たせたら、
珍しく気に入ったようでお褒めの言葉をいただきました。
(普段、私の買うものにはあまり興味がない。)

使い込むほどに味が出てくるのもまた、手ぬぐいの素敵なところです。
大事に使って育てていきたいと思います(^^)

とかいいつつ、ハンカチとして使うとなると
欲しい柄の手ぬぐいがたくさんあってついついあれこれ物色してしまう
私なのでした。。

 

 



Comment:2  Trackback:0
2016
02.27

ご褒美てぬぐい。

FTを受けてからはや1週間。
術後、6日間は出血が続きました。
あと、下腹部の痛みもジワジワいまだ続いています。
が、これも手術をして身体が変化したことの証!と、
あまり深く考えないようにして過ごしています。

さて、せっかくだから手術をがんばった自分にごほうびを。
(いくつになっても自分に甘い。)
ということで、あひろ屋さんで手ぬぐいを買いました。

以前からずーっと気になっていたショップさんで、
パソコンを開いては、「これいいいなー。こっちも素敵だなー。」と、
ウィンドウショッピングを繰り返していたお店。

毎日台所でガシガシ手拭きに使っていますが、
手ぬぐいって私にとってはけっこう贅沢品なので、
こんな機会でもないといつまでたっても買わないぞ、と。

2〜3枚だけを厳選して買うつもりが、
気になるものを選んでいたら、あっというまにカートの中の商品数が2桁に(笑)
そこから絞りに絞って、ようやく7枚になりました。
しめて8千円。
うーーーーん。布にはっせんえん。高いよね(笑)

でも、、、、

あひろ屋てぬぐい

買っちゃった私。

並べて気づいたけど、私ってやっぱり趣味が地味かも。
ほぼモノクロですね。女子力の所在〜。

一番欲しかったのは、これ。「鉄瓶」。
あひろ屋さんの代表作(?)なイメージです。
届いてすぐさま開封して撮ったので、商品シールがついたまま(笑)
鉄瓶

「宿り木」と「槍梅」
梅は、季節もバッチリで、すぐに使い始めます。
宿木と梅

「岩燕」と「眠る鳥」。鳥つながりですね。
燕もこれからちょうどよい季節。
岩燕と眠る鳥

「滝縞」は水色と迷ったのだけれど、あえて好みを外して紫を。
大人な雰囲気です。
滝縞

そして、届いてみると予想以上に素敵だったのが「枝垂柳」。
カゲロウが、濃淡を付けて染められていてほんとうに素敵。
このままどこかに飾っておきたいです。
枝下柳

せっかくパリっとキレイに畳まれているのにもったいないけれど、
しばらく使わないものでも、まず一度すべて水洗いします。
余分な染料や糊を落としておかないと、布が傷んで破れたりするんだそうな。
しかし、この水洗い作業も、布をいつくしめる楽しい時間です。

去年買った手ぬぐいは、だいぶ使い込んできて
くったりと、使っていてとても心地良い感触になってきました。
今はハリハリシャッキリとしたこの手拭いたちも、
来年の今頃はそんなふうになっているかな〜。

あひろ屋さん、近くにあればぜひ実際に訪ねてみたいお店です。
遠いから無理だけど〜。。
東京に3年以上も住んでいたのに、なんであの頃に出会わなかったのか。
職場と自宅の往復ばかりという、なんとももったいない過ごし方をしてしまいました。
そういうことって、離れてみて気付くんですよね(^^;)

いつか、関東へゆっくりと出向く機会があったら
立ち寄ってみようと思います。

Comment:2  Trackback:0
back-to-top