2016
03.29

野菜の振り洗いのススメ

あっというまに年度末ですねぇ。
今の仕事は、年度末の事務処理がけっこうストレスフルなので、
この時期になると毎年、森山直太朗さんの「4月になれば」という歌が
頭のなかでエンドレスリピートします。

♪4〜月〜になれば〜  4〜月にな〜ればぁ〜
♪4月にな〜ればぁ〜 4月〜にな〜るさ〜

という、浅いようでいてその実なんとも深い歌です。(たぶん)

さて私、ずーっと葉物野菜を洗うのがあまり好きではありませんでした。
ほうれん草とか小松菜とかチンゲン菜とか。
だって、根元部分の泥汚れがいまいちスッキリ落ちないから。

洗っても洗ってもよーく見ると土汚れが残っていて、
「いつまで洗えばいいのー!キリがなーい!!」
って思うのがストレスでした。

まぁ食べても死なないんでしょうけど。
(ていうかきっと落としきれない汚れは食べてるし。)


そんなある日。
しなびた野菜を50度洗い(50度のお湯に数分つける)すると
シャキッと復活するという裏技を知り、手持ちのボウルでやってみたんです。
もちろんお湯で葉物がシャキッとするなんて半信半疑だったのだけど(おい。)、
冷蔵庫に数日入れっぱなしでシナ〜ッとしていたほうれん草が見事に復活!

おぉ〜、これはすごい。使えるわ。

と思ったと同時に、驚きの発見。

「なんか・・・ボウルの底にめっちゃ泥が沈んでる!!」

流水ですすぎ洗いしたはずなのに、まだこんなに泥がついていたなんて!
やっぱり葉物野菜って嫌いよっ!

と一瞬思ったのですが、
考えてみればこれって50度洗いより役立つ技じゃない?
そうか!ボウルで浸け置き洗いしたら泥汚れは落ちやすいんだ!
と、気づいたわけです。

以来、葉物野菜はボウルにはったお水でジャブジャブ洗っています。
これがほんとうによく落ちる。(「振り洗い」というらしい。)
茎の部分を両手で持って、水の中で束を開いたり閉じたりしながら振るのが
私なりの洗い方のコツです。
ちょうど、手持ちサイズの枝切りバサミをチョキチョキやるかんじの動作。
(つ・・伝わっている自信がない。表現力がほしい・・・。)

流水でざっと洗って一見キレイそうに見えるほうれん草も、
ほうれん草あらうまえ

振り洗いをした後のボウルにはこんなに汚れが。
ほうれん草洗ったあと

アップはこちら。ひえぇ〜。
洗ったあとアップ

まぁ繰り返しますが、土もミネラルなので、食べても死にません。(たぶん)
が、どうせ同じ量の水を使って洗うなら綺麗に洗えたほうが良い。
というかむしろ振り洗いの方が水も節約出来ている気がします。
ボウル1杯分の水って、流水だとけっこうすぐに使っちゃう量だし。

ということで、野菜の振り洗い、おすすめです。
ついでに5分ほどつけ置きすれば、多少シンナリした野菜も
シャッキリ復活します。お試しあれ。
(あれ?主婦にはすでに常識?)


ちなみに、私が振り洗いに愛用しているのはこちらのボウル。
大きめで野菜をジャブジャブ洗いやすいサイズなので便利です。



本当はふきん(食器用)のすすぎ洗いや煮洗い専用に買ったのだけれど、
キレイに使っているのだから野菜を洗ってもいいでしょうと、兼用しています。
こういう応用が効くのが、ズボラさんの良い所と自負しています。(笑)



Comment:0  Trackback:0
2015
11.29

結局はゴム手袋の便利さに溺れる

キッチンで洗い物をする際、
「手にやさしいヤシノミ洗剤を使って脱・ゴム手袋しよう!」計画。(長い)

結局、挫折しました。

以前から、ゴム手袋に使い勝手の悪さを感じていて
なんとかストレスフリーに台所に立てないものだろうかと
思い立った計画でしたが、私の両手は思った以上にヤワでした(悲)

ヤシノミ洗剤自体は、それなりに使いやすくて気に入っていたのですが、
そもそも私のショボい手には、水仕事そのものが刺激が強かったようで。
10月の時点で、早くもあかぎれ警報が。
これはイカンと、ふたたびゴム手袋を取り出してきたわけです。

でも、何年も愛用してきたカサベラの手袋は
水垂れしないデザインがとっても気に入っていたものの、
値段が高い。色が好みじゃない。


ということで、以前から気になっていた
マリーゴールドのゴム手袋を買ってみました。


いろんな方がブログで取り上げていて、気になってたんですよね〜。
お安いし。

でも正直なところ、色はド派手な赤だし、
実際に家に届いて実物を手にとってみても
あまり感動はありませんでした。

え、フツー・・・。
これじゃ、ドラッグストアで安売りしてる手袋とおんなじじゃん?

と思ったんですが!
手にはめて洗い物を始めたとたん、
なんであんなに絶賛する人が多いのかガッテンしました。

すごーーーーく使いやすい!

手に馴染むし、構造的に脱げにくいように考えられているし、
薄手なので、素肌感に近くて洗い残しもわかりやすい感触。(でも丈夫)
なにより表面の滑り止め加工がすばらしい。
これは良いものと出会ってしまった!

使い勝手が気に入ってしまえば、
ド派手な真っ赤もむしろ白ベースのキッチンに馴染んで
おしゃれに見えてきたりしなくもなかったり。(むりやり。笑)

マリーゴールド

というわけで、ふたたびゴム手袋を使うキッチン生活に戻りました。
で、ゴム手袋を使うなら、やっぱり泡立ちが良くて洗浄力も高い洗剤の方が
ストレスフリーだなぁと感じるようになってしまい、
ヤシノミ洗剤にもさよならしてしまいました。
ボトルが可愛くてエコなのも気に入っていたのだけれど。

ごめんね、ヤシの実さん。
私、現代社会の便利さに溺れてしまったの。


そんなこんなで、今日はベーグルを焼きました。(脈絡)
パンと違って1時間あれば焼けてしまうので、
楽チンでおいしくて、最近しょっちゅう作っています。

つやつやベーグル

だんだん、つやつやにするコツもわかってきました。
成形はまだ下手くそなんですけど(^^;)
楽しいことは、失敗してもやっぱり楽しいものです。
ベーグルは、スライスして軽くトーストしてから、
kiriのクリームチーズをサンドして食べるのがお気に入り♪


Comment:2  Trackback:0
2015
09.26

ヤシノミ洗剤でも泡立つスポンジを発見!するも・・

シルバーウィークもすっかり終わり、日常が戻ってきましたね。
そんななか私は、突然の発熱に連休明け早々ダウンしてしまいました。
木曜の夜、謎の発熱で一気に39度台になり、いまだにすっきり回復していません。
結局、今週は1日しか職場に行っていないという・・・学生かっ。

こんな時に限って夫は出張で不在だったりして、
一人ボケーっとぐうたらな週末を過ごしています。

さて、先日も書いた台所用洗剤のお話

手荒れ防止のために使っていたゴム手袋をやめて、
手に優しいヤシノミ洗剤を使い始めたのですが、
使い始めた当初、あまりの泡立ちの悪さに嫌気がさして
以前から気になっていたスポンジをポチっと注文してみました。


パックスナチュロンのキッチンスポンジ。
家事ブログやコラムで目にするだけでなく周囲にも使っている方がいて、
「これいいよ〜!!」と、アツく(笑)おすすめされたこともありました。

何がいいのかと詳しく見てみると、
水切れが良い泡立ちが良いスポンジ自体のもちが良い、ということで、
それならお試しに1個と買ってみたのです。

届いた頃にはアクリルたわしでもうまく泡立てるコツを掴んでいたのですが、
せっかくだからと使ってみた結果、

パックスナチュロンスポンジ

たしかに!めちゃくちゃ泡立つ!!!
比べやすいように、私が日ごろ愛用している
アクリルたわしでの泡立ち具合がこちらです。

ヤシノミ洗剤でアワアワ

まぁ、アクリルたわし自体が泡立ちにくいっていうこともあるんですが、
それを差し引いても、たしかにこのスポンジはすごいかも。
2人分の食器を洗ってもぜんぜん泡がなくならないし、水切れもいい。

これはすごいいいモノ見つけたかもー!!

って思ったんですが。

なんかね、結局戻っちゃいそうです。アクリルたわしに。
気付けば私、アクリルたわしの虜になっていたようで。
あの、キュキュっと食器を拭うように洗える感じが、

「あぁ、今食器をキレイにしてます、私。ほら、キュキュッ!!」

みたいななんとも言えない恍惚感で。(だ・・・・誰? 汗)

私の性格上、あんまり泡立ちが良いと
たっぷりの泡で洗えてる気になってしっかりこすり洗いしなくなるので、
むしろそこまで泡立たない方がずぼらな私に向いてるのかも、とも思ったり。

お値段も、アクリルたわしなら1個20円くらいで作れるので
それなら断然アクリルたわしかな〜なんて思っている今日このごろです。
(かのこ編するようになったら、こま編みよりもコスパ上がりました!)

とはいえ、パックスナチュロンのスポンジの泡立ち力には素直に感動しました。
水切れもたしかにいい。
アクリルたわしのようにワイヤークリップで挟めないので
仕方なくせっけん置きにこんな感じで立てかけて置いていますが、
わりと短時間ですっきり乾いています。

パックスナチュロンスポンジの置き場所

でも、やっぱり底が接地しているのはあまり好きじゃないんですけれど。
あと、色もピンクかブルーしかない(しかも注文時に選べない)ので、
白好きの私としてはそこもいまいちテンションが上がらなかった理由かなー。

そんなこんなで、この冬もせっせとアクリルたわしを編む生活を
送りそうな予感がする私であります。
(夏は暑くて毛糸を触りたくないので、秋冬に編み溜めする。笑)

ヤシノミ洗剤はすっかりお気に入りになってわが家の定番化しそうです。
近所のお店だとけっこう高いので、ネットでお得情報を見つけては買い物カゴへぽいっ。


財布の紐は引き締めつつ家事テンションを上げる。
主婦力の試されるところですね。キリッ。
(とか言いつつ、結局は自己満・・・苦笑)



Comment:2  Trackback:0
2015
09.19

ヤシノミ洗剤で、脱ゴム手袋

先日より頭を悩ませていた「食器洗いにゴム手袋は必要か」問題
手荒れや手の老化を避けたければ必要だけど、
食器はしっかり洗いたい・・悩ましい・・・・・。

こういうときは、案ずるよりは産むが易し。
とりあえずやってみればいいのだ!
ということで、数日前からゴム手袋をつけずにキッチンに立っています。

ただ、対策をしないと以前のように手荒れでつらい思いをしてしまうので、
洗剤を手に優しいタイプに変えてみることにしました。
手に優しいといえば石けんですが、使うのが苦手(下手)なので、
買ってみたのがこちら。

 

ヤシノミ洗剤。
昔から見かけますよね~これ。
界面活性剤入りの合成洗剤ではあるのですが、
比較的手に優しい天然素材なのだとか。

----------
こういうのは、突き詰めて調べると「メーカーの嘘つき!騙したのね!!」的な
情報がなにかと出てくる(きた)ので、あえて突き詰めない。
自分に合っていればいいのだ。
----------

10日ほど使ってみましたが、今のところ手荒れもせず結構いいかも。
まぁまだあんまり乾燥しない時季なのでなんともいえませんが。

それよりもやっぱり、
素手で洗うのってきもちいー!!!

もうね、スポンジで食器をググイとこする感覚とか、
あぁ、汚れ落ちたなってキュキュっとする感じとか、いいですね。
たまらないです。(何フェチ?)

ただ、天然素材というだけあってか、泡立ちはイマイチです。
私はアクリルたわしを使っているので、よけいに泡立ちが悪く、
それまで使っていた濃縮タイプの中性洗剤(ジョイとかキュキュット)との差に、
使い始めの頃はちょっとイライラしました。
そのせいで、最初の数日でかなり洗剤のムダ遣いをしてしまった。。。

が、コツを掴めばちゃんと泡立つようになり、今では快適です。
むしろ、泡が濃密すぎないぶん泡切れがよく、
水道代も節約できているんじゃないかと思います。

コツは、アクリルたわしに洗剤をつけた後、
両手でもみ洗いするようにモミモミっとすること。これだけ。
水分は少なくするのがポイントです。
洗顔料やお風呂で石鹸を泡立てるときにも、
水を多くし過ぎると泡立たないですよね。
そんなイメージで使うと、うまく使えるようになりました。

ヤシノミ洗剤でアワアワ

アクリルたわしが白いのでいまいちわからないけど、、
下の方にある食器についた泡でお察しいただければと(^^;)
ジョイやキュキュっとのような、モッコモコの泡は期待しない方が良いですが、
汚れを落とすのに必要な泡は十分できます。

あと、ゴム手袋をやめてよかったのは、時短になること。
手袋をつけて外すって、1回あたりはものの数秒ですが、
つけて食器洗って、外して食器拭いて、またつけてグリルを洗って・・・
みたいなことの繰り返しが、非効率を生んでいたんだなーと実感しました。
(狭いので、一気に全部洗えないの。涙)

ヤシノミ洗剤、ボトルもなんだかノスタルジックでかわいくて、
そのまま置いていてもシンプルさを損なわないデザインもお気に入り。

ヤシノミ洗剤かわいい

とりあえずお試しにと小さいタイプを買ってみたけど、
ポンプタイプ(600ml)の方が使いやすそう。

   
(販売時期によってデザインが違うみたい。私は左の方が好き。)

サラヤの公式ページを見ると、
いろんなブランドやキャラクターとのコラボボトルなんかも出ているようで
こういうところが長年にわたって主婦の心をくすぐっているのかなーとも思いました。
でも私はこのシンプルな椰子の木デザインが好きかな~。

ところで今回いろんな洗剤を見てみて思ったんですけど、
最近主流の中性洗剤って、使用上の注意のところに
「原液をスポンジにつけて使用する際は必ずゴム手袋を着用してください」
って、必ず書いてあるんですよね。読んだことなかったけど。

ゴム手袋をするかしないか悩む前に、
メーカーからつけなさいと注意喚起されていました。
知らなんだー。

だって、ほんの数滴で2人分の食器と鍋類まで洗いきれちゃいますもんね。
考えてみればすごい洗浄力。そりゃ手もボロボロになります。

ひとまずヤシノミ洗剤をしばらく使ってみて、手の状態を見てみたいと思います。
台所にハンドクリームを常備しなければ。
使い勝手もいいしデザインも気に入ったし、トラブルがないといいな♪


Comment:2  Trackback:0
2015
09.17

もえるもえる、夕焼けと物欲。

めっきり涼しくなって、夏はどこかへいってしまったようです。
半袖を着て出かけることも少なくなりました。
季節とともに、空も表情が変わってゆきます。

先日の夕焼け。
もえる夕焼け

燃えるよう。
自然の美しさって圧倒されますね。
あいかわらずその美しさの1/10も伝わらないスマホカメラと撮影技術が残念。


夕焼けと同じく燃えているのが、私の物欲。
最近、これ↓が欲しくて欲しくて。


オーストリッチのはたき
ずーっと前から気になっていたのだけれど、
最近いよいよ欲しくなってきて、ネットで調べては写真を眺めています。

元来ズボラな私。
ホコリを手軽に「ついで掃除」するために、
クイックルワイパーのハンディタイプを手に取りやすい場所に置いています。
生活感が出ちゃうので、100均で買った陶器の花瓶に収納して
テレビの後ろに目隠しするように。

クイックルハンディ収納するところ クイックルハンディ収納


ほら、生活感も出ないしいい感じでしょ??
良い収納ワザ見つけたわ〜♪

・・・なんて思っていたのですが、存在感がなさすぎて
ついつい存在を忘れてしまう。。。意味なーい!
で、うっすらホコリに気付いた私の口をついて出る魔法の言葉がこちら。

「人間、ホコリくらいじゃ死なない。」

だめだ・・・ダメすぎる。ダメ嫁すぎる!!

そして思ったんです。
「見た目も機能もお気に入りのモノなら、毎日手に取るんじゃないか。」

で、思い出したのがレデッカーのはたきです。
何より見た目がステキ。



これが部屋にあったら、しょっちゅう手にとってウットリ悦に入るに違いない。
→からの、掃除をするに違いない。
静電気も起きないらしく、機能的にもとってもよさそう。
と、妄想をふくらませているのですが、はたしてどうでしょう。

以前同じような理由から、箒とはりみ(ちりとり)を買いました。
玄関のおそうじ用にと、お気に入りの傘かけに引っ掛けています。

傘立て

たしかに、ホームセンターで買った無粋なほうきを使っていた頃よりは
手にとって掃除することが多くなりました。
(いや、毎日ちゃんとしなさいよって話なんですが・・・恥)

掃除道具に3,500円。かなり躊躇する金額です。
買うか、買わないか、それが問題だ・・・。(最近こんなんばっか。)


  


Comment:2  Trackback:0
back-to-top