2017
06.07

採卵日決定。こんどこそ!からの、食パンと赤紫蘇。

Category: 不妊治療
本日、Day 8。
排卵促進のための自己注射も昨日で終了し、
今日は卵胞チェックのために診察に行ってきました。
しごとはお休みです。

結果、排卵促進への反応がよかったらしく、
右卵巣に5つくらい、癒着で形を成していないはずの左にも1つ
卵胞が育っていました。

うーむ、実はAMHが高いといわれていたこともあって、
「もしかしたら10個とか20個育っちゃってたりして!」
とか思っていたので、内心ちょっと期待外れだったのですが、
それでもちゃんと育っててくれてよかった。
おありがとうございます!卵巣さん!

ということで、明日の夜HCG注射を打って、
3日後の朝採卵することに決定しました。

※HCG注射を打って約36時間後に排卵するので、
 HCG注射から34時間後くらいに採卵できるよう、
 注射を採卵2日前の夜に、採卵を注射から2日後の朝に行います。
 ということで、明日は22時頃に病院へ行かねばです。
 けっこうシビアなスケジュールなので、遅刻など厳禁です!

次こそは!無事に採れますように~!!
⇒前回は排卵してしまっていて採卵できず。

ただ、どうも注射が効きすぎたのか、
右側の卵胞のうち1つは、周期8日目にしてすでに20ミリを越えていました。
(他の4つは14~16ミリくらい)

先生いわく、
「1個デカいのがあるけど、まぁこの感じなら
 3日後ちゃんと採卵できる可能性が高いと思う」
ということだったけど、正直、若干の不安は残る。

もし一番大きいやつがたとえば明日排卵しちゃったら、
そのほかの育ちかけていた卵胞はしぼんじゃうんじゃないだろうか・・
とか、悪い想像をしてしまいますが、もう採卵日は決まっちゃったので
余計なことはかんがえなーい。
万が一今回もダメだったら、またその時かんがえーる。


ということで、帰宅後に何もすることがないと
あれこれ思考ループに陥ってしまうので、食パンを焼きました。(唐突)

以前はよく食パンを焼いていましたが、実は一度も
「おいしい!大成功!」という食パンが焼けたことがありません。
とりあえず食パンにはなるけど、おいしくない。しゃーなしに食べる。

夫は「そう?食べれるよ?」というけど、
「食べられるパン」と「食べたいパン」は違うのだ。

で、レシピを変えてみようと思い立ち、
子供のころ大好きだった母の食パンのレシピを教えてもらい、
先週はじめてトライしてみたのです。

今まで私が使っていたレシピとは分量も違うし、
発酵やベンチタイムの時間、焼成温度、焼成時間も違う。
つまり全然違う!

そりゃ、期待したわけです。
なにより、子供のころに食べていた母の食パンはとてもおいしかったので、
否応なしに期待は高まるわけです。

で、できたのがこちら。

角食大失敗したやつ

なんか出てるー(笑)

さらにパン型のふたを開けた途端、
中にたまっていた蒸気がこのベロのような部分から勢いよく吹き出し、
こんなことになってしまいました。↓

あまりにも衝撃的な出来事だったので
ふたを開ける時の様子を動画に撮ったのですが、
ブログに貼り付ける方法がわからず断念。。
かなしいかな、何度見ても笑っちゃうオモシロ動画です・・(涙)

無惨な角食たち

どうも、発酵のさせ方や焼成温度がまずかったようで、
ベロの部分にナマ焼けの生地が密集し、本体部分はスカスカという
なんとも残念な物体に仕上がっていました。
横向きに置いてあるのは、まっすぐ縦向きに置いておくと
光の速さで萎んでいって、1枚板になるんじゃないかと思われたからです。

ちょっと切って食べてみたけれどさすがに食べられず、
自分を呪いながら大部分はサヨナラすることに。。
で、それがあまりにも悔しくて夢にまで出てきたもので、
これはよい具合に時間が空いたと、リベンジを思い立ったわけです。

母にもらったレシピの中で、
失敗の原因につながったと考えられるのは焼成温度。

今までの食パンは220度で30分ほど焼いていたのですが、
母のレシピは、150度で15分→190度で20分。

えー、150度?低すぎない?パンだよ?
って思ったのですが、とりあえずレシピに忠実に作ってみたら、あのザマです。

本格的なパン教室に通っていた母のレシピなので、
もしかしたらガスオーブンとかを想定した温度設定だったのかもしれません。
わが家の一般家庭向けオーブンレンジには不向きだったのかも。

ということで、温度設定のみ私の手持ちレシピの内容に戻すことに。
220度で30分の焼成です。

あと、前回は天板を使わずにオーブンの床面に直置きしてしまったので、
熱が伝わりにくかったのかも。
と思い、天板を入れて予熱してから焼くことに。

延べ4日間にわたって上記の考察と熟慮を重ねて
今日のリベンジに挑んだ結果がこちら。

角食リベンジ成功!

きゃーーー!!大成功ーーーー!!!!!

あとは中身がどうなっているかです。
今冷ましているところなので、早く切りたくてウズウズ。
明日の朝、おいしい食パンが食べられますように。

で、焼成の待ち時間を使って
先週末に漬けた小梅に、はやくも赤紫蘇を投入しちゃいました。

丸1日でしっかり梅酢が上がって塩も溶け切ったのですが、
私は梅を漬ける時に重石を使わない派なので、
一番上にある梅がどうしても梅酢から顔を出して空気に触れてしまう。
⇒こんなかんじで。
これを何とかしたくて、ちょっとした重石(フタ)がわりのつもりで
毎年できるだけ早めに赤紫蘇を入れています。

今年は小梅が1キロだけですが、
前回作った梅干しの色づきがあまりよくなかったので、
ちょっと多めに150グラム分の赤紫蘇を用意しました。

塩もみして~、灰汁を出して~、搾る!搾る!搾る!!!
あとは少量の梅酢につけてほぐしたものを、瓶の中にINです。
⇒詳しい赤紫蘇の下ごしらえ&入れ方はこちら

梅2017紫蘇漬け

良い感じに発色しました~。
本当は全体にまんべんなく紫蘇を散らした方が
色づきもよいのでしょうが、それじゃフタにならないからね~(^^;)


・・・って、そんなことをしているうちにあっという間に夕方です。
1日って早い。

丸々1日仕事が休みだとアレもコレもできる♪って思っちゃうのですが、
いつも、思い描いていたことの半分くらいしかできずに休日が終わっていきます。
時間の使い方がうまくなりたいものです。

はー、明日の朝食が楽しみだ~♪♪



Comment:2  Trackback:0
2017
06.03

体外リベンジスタート!からの、自己注射

Category: 不妊治療
3日前に生理が来まして。
さて。体外受精リベンジスタートです。
⇒先月はじめて体外受精トライするも、採卵できませんでした。

ほんの数時間の差で採卵のタイミングを逃した前回、
かなり悔しい気持を味わったので、
今週期はDay3から自己注射と服薬で排卵誘発をします。

・・というか、私の通っている病院だと
採卵は毎日朝8時~の時間帯のみ、と決まっているので
自然周期だとどうしてもタイミングを逃すことが多くなると思うのですよね。
前回も、採卵前日の朝に卵胞チェックした時点で、
「じゃあ5時間後に採りましょう」みたいなことができていたら
採卵できたんだろうになーなんて、ひそかに思いました。

それでも県内では指折りの不妊治療クリニック(というか
設備の充実度でいえばおそらくトップを争う)なのですが、
いかんせん、院長先生おひとりで診療されているし、
これがこの病院のベストエフォートなのだろうな、と思います。
それも自分の置かれた環境だから、しょうがない。

で、こちらが今日処方された、注射器とお薬(飲む方)。

注射と薬


注射は今日から5日間、1日1回。
飲むお薬は今日から7日間、1日2回。
飲み忘れが怖いので、100均に駆け込んでピルケースをゲットしてきました。

今週期は排卵誘発をすると決めた時から
とにかく何よりも自己注射にドキドキだった私。
今日、看護師さんに教わりながら
病院で初めての自己注射をしてきました。

今でこそ採血にも慣れて、注射針に血を吸い上げられる自分の腕を
見られるくらいまでになりましたが、それでも
針を刺される瞬間は、怖くて見ることができません。

そんな私が、自分で自分に針を刺せるのか!!?
と、心配で心配で心配でした。(しつこい)

で、今日。
自己注射の練習をすると連れていかれた個室で
まずはお腹を出すように指示されました。

今日は看護師さんが打ってくれるのかな?なんて期待しながら
お腹を出し、そのままの状態で看護師さんに注射薬のセットの仕方を教わります。
で、注射器の準備ができるなり、
「ハイ、じゃあお腹に刺してみてくださ~い♪」と。

え、今?
今すぐ刺すの?
この鋭い針を自分で刺すの?絶対痛いよね?

と、覚悟しきれずちょっと固まっていたのですが、
「ん?どうしたの?早くプスっといっちゃってね?」
と、看護師さんの目が語っておられる!

「大丈夫ですよ~、みんな全然痛くないっていうから!」
とおっしゃってはいるのですが、それでもなお覚悟ができず。

・・・が、よくよく考えてみればスカートを中途半端におろして
お腹のぜい肉をつかんだ状態で固まってる自分の姿が
あまりにも滑稽に思えてきて、「えいやっ!」と刺してみました。

えぇー、やっぱり痛いじゃーん!
それなりに、針を刺したな、という程度の痛みはありました。

薬を注射して、そのまま10秒待ってからゆっくり引き抜く。
この10秒待っている間も、「うっかり手が滑って注射器が外れて、
お腹の中に折れた針が残ってしまったらどうしよう」とか
考える必要のないどーーーでもいい妄想を勝手に膨らませて
一人恐怖におののいておりました。

私、小説家になれるかも。

あとは針を廃棄して終了です。

これを、明日からは一人でやらねば。うぅ、がんばる。

そして、本日のお会計はしめて2万6千円なり。

ひゃー、やっぱり10割負担になるとズドンときますね。
ほんの数分診察して、お薬が出ただけなのに。

今までそうそう1万円を超えることなんてなかったのですが、
ここのところ、余裕で大台に乗ってきます。
むむっ、やはり手強し自費診療。

願わくば、早く終わりますようにー。




Comment:2  Trackback:0
2017
05.16

はじめての採卵、できず。

Category: 不妊治療
はじめての採卵、行ってきました。

私の通っている病院では
採卵は外来が始まる前の朝一番に行うらしく、
朝8時に病院へ。

昨日指定されたとおり、今まで入ったことのない別棟に行くと、
院長先生と、普段よくお見掛けする看護師さんたちが
すでに何人も働かれていました。

ここの病院では、不妊治療を担当されているのは
院長先生おひとりなので(産科はほかにも先生がいらっしゃる)、
こんなに朝早くから夕方まで、しかも土曜日も
代わりのきかないお仕事を毎日されているんですよね。
看護師さんたちも、夕方に受診するときにも
いつもお見掛けする方ばかりでした。

はー、脱帽です。


で、肝心の採卵ですが。
結局、すでに排卵してしまっていました。。(涙)

採卵用の診察台に座って先生を待つ間、
看護師さんが血圧計やSPO2を取り付けてくれながら
「ちゃんと卵が取れるといいですねー。」と。

でも、昨日の夕方あたりから
かなりお腹と腰が重ダル~かったんです。
hCGの注射をしたからかなーとは思ったのですが、
それにしてもダルくてダルくて、夫にさすってもらっていました。

看護師さんにそのことを話すと、
「あー、それはちょっと心配やねぇ。卵さん、いてくれるといいけどねー。。」
と。
ですよねー。
私もそれを祈りながら来ました!

で、先生のスタンバイが完了していよいよ採卵開始。
診察台が上がり、まずはエコーで卵胞を確認。
・・・するやいなや、
「あー、りこさん残念です。もう出ちゃってますねー。」

あぁ、やっぱりそうですか。
なんとなく覚悟していたので、意外とあっさりと受け入れられました。

その姿勢のまま、今から人工授精を試してみるか?と聞かれたけれど、
卵巣も卵管も癒着しまくっている左側からの排卵なので
人工授精は希望しませんでした。

残念。
幸い自分たちでタイミングもとってはいるけれど
左側からなので、おそらく自然妊娠も望めないでしょう。
また来周期にリベンジです。

セキソビットを飲まなければよかったんじゃないかな、とか
卵胞チェックがあと1日早くできていたらな、とか
いろいろ思わないでもないですが、
先生も「本当だったら昨日が一番採りごろだったみたいですね。
次からはもう少し早め早めに確認していきましょう」
とおっしゃっていたので、次に活かしたいと思います。

たくさんの患者さんを診てらっしゃる先生なので、
先生任せにするのじゃなく、来周期の卵胞チェックの時には、
自分からしっかり今回のことを伝えて、タイミングを逃さないようにしなくては!

というか、お忙しいからだとは思うのですが
けっこう今までの経緯を忘れてしまいがちな先生なので、
自分が主体的に治療する気持ちで臨もうと思います(^_^;)
(成績を見るに腕はよい先生だし、県内では一番恵まれた設備の病院なんです。)

その後、せっかく精液を持参したのだから
状態を教えてくださるとのことで、しばし待合室で待機。

どうも私は1番乗りで採卵室に入ったようで、
私の次に採卵する方が、夫婦で待っていました。
そのご夫婦は何度目かのトライらしく、慣れた感じで採卵室へ。

あぁ、いいなぁ。あの人は採卵できるんだろうなぁ。
なんて思いながら、採卵室へ向かう後ろ姿を(勝手に)見送っていると
ちょっとだけ切ない気分に。

仕方ない。
卵胞は育っていたのだから、また次がある!

結局、持ち込んだ精子は何の問題もなく
すこぶる良い状態だとのことでした。
夫、あんなにアトピーで体中ボロボロなのに
精子だけはいつ測っても元気なんですよね。不思議(笑)
頼もしい限りです。


本日のお会計は、10割負担で7千円ナリ。

昨日、思い切って預金から50万円おろしてきたんですけれどね。
これも来周期のためにお預けとなりました。

それにしても50万円なんて、ATMに金額を入力する前に
10秒くらい目をつぶって深呼吸しちゃいましたよ。。
自宅に置いておくのは怖いから、一度銀行に戻そうかな。

帰宅したのはまだ朝9時前。
それから仕事に行くこともできたけど、
せっかく休みを取ったので、1日おやすみを満喫しちゃいました。
ちょっとだけズル休みしたみたいな気分。
たまにはいいよね。



Comment:0  Trackback:0
2017
05.15

はじめての採卵日、決定!

Category: 不妊治療
本日2回目の投稿です。

Day16。
誘発のためにセキソビットを飲みはじめてから5日目。
卵胞チェックのため、病院に行ってきました。

結果。

左の卵巣に、21mmに育っている卵胞が確認できました。
途中からセキソビットを服用したとはいえ、ほぼ自然排卵の形なので
採卵できそうな卵胞は1個です。

そう。左の卵巣に1個!

以前こちらに書きましたが、
1月に受けた腹腔鏡手術の結果、
私の左の卵巣は腸とベッタベタに癒着して、
卵管も含めてほとんど形すら残っていないんです。

なのに今回、その左側に卵が育ってくれている!
すごいですね。人の体ってすごいです。
私みたいなショボショボの人間でも、こんな奇跡って起きるんだ。
⇒過去の記事はこちら「手術結果まとめ」

そして、
はじめての採卵日が決定しました!

なんと、明日~(^^;)
まだセキソビットを飲み終わっていないので
明後日か明々後日くらいかなぁと思っていたのですが、
明朝はやくに採卵となりました。

私の通っているクリニックでは、
本当は排卵日の2日前の夜に点鼻or注射で
排卵促進のためのhCGを投与してから採卵するのですが
私はもう卵胞がかなり大きくなってしまっているようで、
急きょその場で注射をし、明日の採卵に備えることになりました。

夫の出張と重ならなくてよかったー。

ただ、今日の血液検査の結果を見ると、
卵胞、かなり育ちすぎているような気がします。

採卵までまだ20時間くらいある時点でもう21mmになっていたし、
血液検査の結果も、

・卵胞ホルモン(E2) 323pg/ml(基準値150pg/ml以上)
・黄体化ホルモン(LH) 55.85mlU/ml(基準値15mlU/ml以下)

と、LHがかなりピーク値に達しています。
LHは、ピークを迎えて半日~1日以内に排卵すると聞くし・・。
(というか、高すぎない?やっぱり排卵障害気味なのかなぁ。)

明日、採卵しに行ったはいいものの
「残念。すでに排卵しちゃってました~。」みたいなことに
なりませんようになりませんようになりませんように。
なりませんように!(しつこい)

それにしても、「排卵しませんように」って祈るなんて、
人生はじめての経験だわー(苦笑)

あぁ、無事に採卵できますように。




Comment:0  Trackback:0
2017
05.15

治療の記録帳

Category: 不妊治療
前回の記事であれこれグダグダ言っておりましたが、
不妊治療の記録ノートを購入しました。

治療記録手帳

いろいろ迷ったのですが、シンプルな手帳にしました。
「手帳の高橋」のマンスリー手帳。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2017年版4月始まり No.982 ティーズマンスリー ロジェ 2
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/5/15時点)


カバーは、たまたま手に入った別の手帳のカバーの方が
私の好みに合っていたので、そちらに付け替えています。

私、文房具屋さんに住めるんじゃないかっていうくらい、
文房具大好きなんです。
このカバーだけ使っているデルフォニクスの手帳も、昔は愛用してたなぁ。
学生時代、独身時代、いったいいくらつぎ込んだんだろう・・(怖)

今回はもう大人なので、大切に貯めていたネットポイント様の恩恵にあずかりました。
かしこーい。私、かしこい大人~。

この手帳、通常の手帳のようにマンスリーページがありまして、

手帳の中身マンスリー

その次にはウィークリーページが来るかと思いきや、
フリーメモ欄が120ページほどあるのみです。

手帳の中身メモ欄

あとは、年間カレンダーとか巻末付録(路線図とか)のみ。

だいたい手帳とか日記って、しばらく書かない日が続いて
「空白ページが続いちゃったー。もう嫌だー」ってなって
3日坊主に終わっちゃうのですが、これなら書くべきことがあった日だけ
順番にメモページに書いてゆけばよいので、その心配がありません。
120ページもあれば、そうそう使い切ることもないだろうし。
ワタシ向き。

完璧を求めてすぐに挫折するより、
現実的な方法で継続することの方が大切!

なにより、久しぶりの手帳を持つ生活に
ちょっとテンションが上がって、あれこれ書くのが楽しいです。
思えば、結婚してからまったく手帳を持たなくなっていたかも。
今は便利なアプリやグループウェアがたくさんありますしね。

この感じだと、治療の記録、がんばらずに続けられそうです。

マンスリーページには、生理、通院、服薬などの記録と
通院日にかかった金額を記入していこうと思います。
私、忘れっぽいので、ほんの数か月前のことでも
「あれっ、この日の診察代4,000円ってなにした日だっけ?」
(↑家計簿を振り返りながら)みたいに記憶があやふやに
なってしまいがちです。
きちんと記録して、計画性と目標を見失わないように
治療していきたいと思います。

ちなみに、手帳にさしているダッサいボールペンは、
数年前に仕事先の展示会でもらった販促品(^_^;)

セーラーフェアライン

これがね、今まで33年間の人生で出会った中で
ダントツ一番使いやすいボールペンなのです。

自宅において、書類を書いたりメモを書いたりするのに
愛用しまくっていたのですが、もうすぐインクがなくなりそうで
ショボンとしていました。
せめて最後は手帳に挿して思う存分使ってやろう!
なんて思っていたのですが。

今はネット時代。
きっとどこかに売っているはず!

と、探したらあっさり見つかりました。


なんと、かの「セーラー万年筆」のボールペンでした。
69円。やっす・・さすが粗品(笑)

これでインクがいつなくなるかとビクビクせずに思う存分使えそうです。
まぁ見た目はダサいけど。だって書きやすいんだもん。


今日はこれから卵胞チェックのための通院です。
前回、Day12で一度受診したのですが
卵胞が全然育っておらず、5日間セキソビットを服用して
軽い排卵誘発をしています。

今日はDay16での受診。
初めての採卵日、決まるといいな。ドキドキ!!

実はDay19に夫の出張が重なってしまい、
排卵スケジュールとバッティングしそうな日付なので
より一層ドキドキしています。

精子凍結って手もありそうだけど、初めての体外受精、
できれば凍結せずに臨みたいな。

まぁなるようにしかなりませんが。
卵胞チェック、行ってきます。





Comment:0  Trackback:0
back-to-top